夢のマイホームは注文住宅の新築一戸建てで決まり

参考に

モデルハウスは最高級の物件です

これから住宅を購入しようとする人は、まず自分がどれくらいの金額の物件ならば購入できるのかを検討し、予算が決定した後は戸建住宅を買うのか、マンションを買うのか、注文住宅を建築するのかを判断する必要があります。 戸建住宅または注文住宅の建築を希望する人は、住宅展示場にモデルハウス見学に行くことも多いと思います。住宅展示場では、各ハウスメーカーの自慢のモデルハウスが建築されており、とても楽しい時間を過ごすことができます(実際に買うかどうかは別にしても、各社の最新のモデルハウスは見ているだけでも勉強になるものです)。 ただし、注意していただきたいのは、住宅展示場のモデルハウスは各社の最高級グレードの物件であるということです。

今後、住宅展示場は減っていくでしょう

ついつい、住宅展示場のモデルハウスを見学していると「自分でもこの家を建築できるのではないか」という淡い期待をもってしまいがちです。 しかし、残念ながらモデルハウスの金額を確認した瞬間がっかりすることになる人がほとんどなのです。 元々、住宅展示場は住宅の供給が日本でまだまだ足りていない時期に脚光を浴びた一つの営業ツールでした(もちろん、今でも大切な営業ツールであることはいうまでもありません)。 しかし、ご存じのようにすでに日本の空き家率は10%を超えており、住宅余りの常用となってしまっています。また、インターネットの普及により住宅展示場のモデルハウスがいかに高額であるかの情報が浸透してしまったため、今後住宅展示場の数は減少していくことが予想されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加